変形性膝関節症は症状が様々┃生活に支障をきたす

男の人

ミツバチが作り出す栄養

ハチミツ

プロポリスは、ミツバチが作り出す栄養で自然由来食品であるため一時的に好転反応が起きることがありますが飲み続けることで体が慣れていく場合が多いです。原液は、そのまま飲むことも出来ますが飲み物や食べ物に混ぜるほうが取り入れやすく続けやすいと言えます。

ポリフェノールで解消

脚

抗酸化作用を持つことで知られるポリフェノールは血液の流れを良くする働きがあるので、体質を改善することでむくみを解消出来るとして人気となっています。ポリフェノールの中でも特にむくみを解消する効果が高いのが赤ぶどうの葉に含まれるもので、サプリとして摂取することで効率良くむくみを解消することが出来ます。

膝が抱える疾患

膝

膝の痛みを感じたら

階段の上り下りや、重い物を持ったときなどに膝に痛みを感じたことはないでしょうか。それは、変形性膝関節症と呼ばれる疾患かもしれません。変形性膝関節症とは、膝の関節の骨と骨の間にあるクッションのような働きをしている軟骨が、様々なことが原因ですり減ってしまい、膝の痛みを感じてしまう疾患です。軟骨がすり減る原因は、加齢、肥満、スポーツでの負担など様々ありますが、多くの場合は加齢が影響しています。そのため変形性膝関節症は中高年層に多く見られ、症状として軽い膝の痛みから、立ち上がって歩くことさえ困難な場合まで様々です。しかし、変形性膝関節症は決して治らない不治の病ではありません。適切な治療を行えば、痛みは和らぎ通常の生活を取り戻すことが出来ます。

効果的な治療方法

変形性膝関節症を治療するためには、すり減ってしまった軟骨を再生させてあげなくてはなりません。そして、そのために効果的なのがグルコサミンという成分です。グルコサミンは、摂取することですり減った軟骨を再生させ、更に骨を丈夫にする働きを持っており、医療機関でも頻繁に使用されることもある有名な有効成分です。インターネットなどでも簡単に買うことが出来、症状が軽い場合は、摂取を続けることですぐに改善される場合も多くあります。しかし、症状が重い場合には、手術をして改善させる方法もあり、症状に合わせて使い分けることが大切です。また、日常生活においてはなるべく膝に負担をかけないよう、エレベーターやエスカレーターを使ったり、重い物はなるべく持たないようにしたりなどの注意も必要です。

つらい症状を改善する

下を向く婦人

更年期障害を治療するため、病院ではホルモン剤で女性ホルモンを補充したり漢方薬で体質改善を行ったりします。漢方薬は市販のものでも病院のと共通した成分が配合されています。免疫力強化によいとされるローヤルゼリーも、更年期障害に効く成分を含んでいます。